超臨界研究所TOP>研究内容と実績
 
  超臨界とは
  超臨界抽出
  超臨界分解
  まるごとエキス
  FAXによる試験依頼書
  研究実績
  研究開発陣
  会社概要
  アクセスマップ
  超臨界による受託試験
  受託実験価格表
     
  抽出試験などのご相談
     
  ご相談フォーム
  FAXによるご相談
     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
スチレンーアクリルニトリルのコポリマー(AS)を製造する
AS樹脂は、透明で強靭な上に安価なため、自動車のランプカバーやメーターボックスなど工業用プラスチックとして広く使われています。原料のスチレンモノマー、アクリロニトリルモノマー、重合開始剤を高圧加熱容器に入れ、これに希釈剤としての二酸化炭素を加え、温度80℃、圧カ約12MPaの超臨界状態で5時間反応させ、次に冷却して二酸化炭素を開放するとスチレンとアクリロニトリルの白色のコポリマーが得られます。
 
 
 
α一トコフェロール(ビタミンE)の製造
原料の一つトリメチルヒドロキノシと、強酸性イオン交換体(スルフォン化した活性炭など)をオートクレーブに入れ、更に炭酸ガスを圧入、1OO℃に加熱して18.5MPaの加圧状態にした後、この系にもう一つの原料として1O8℃のイソフィトールを徐々に添加すると環化が進みます。次にオートクレーブを冷却し、圧力を下げて、生成物から遠心分離によりイオン交換体を除くと、84%の収率で淡黄色のトコフェロール(ビタミンE)を得られます。
 
 
 
ウラン酸化物から超臨界二酸化炭素で効率良くウランを回収
ウラン酸化物を含む試薬と反応剤としての硝酸トリブチルリン錯体を40〜60℃、10〜20MPa以上の超臨界二酸化炭素中で1〜2時間反応させるとほぼ完全にウランは反応剤と反応します。この反応物からウランが分離できます。この方法を用いてウラン酸化物を含む原子力施設などで発生する固体廃棄物から、効率良くウランを回収することができ、二酸化炭素も反応剤も繰り返し使用できるので二次的な廃棄物もほとんど発生しません。
 
 

超臨界による受託試験に関するお問い合わせ先:
株式会社超臨界技術研究所 〒733-0002 広島市西区楠木町3-13-17 TEL:082-537-1633 FAX:082-537-1632
E-Mailでのお問い合わせは:info@chorinkai.co.jp
Copyright (C) 2005 Supercritical technology research Co.Ltd.. All Rights Reserved.