超臨界研究所TOP>研究内容と実績
 
  超臨界とは
  超臨界抽出
  超臨界分解
  まるごとエキス
  FAXによる試験依頼書
  研究実績
  研究開発陣
  会社概要
  アクセスマップ
  超臨界による受託試験
  受託実験価格表
     
  抽出試験などのご相談
     
  ご相談フォーム
  FAXによるご相談
     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
ポリエステルの染色
染色は、水に染料を溶かし、媒染剤を加えて布などを煮ながら数10分の時間をかけて行ないます。染料は水とともに捨てられ、無駄になるばかりか環境にも悪影響を与えます。水の代わりに炭酸ガスを使うと、31℃、7.4MPaという比較的低い温度と圧力で超臨界状態になり、反応が促進されるので染まりにくいポリエステルも容易に染まります。また、炭酸ガスは減圧すればすぐにガス化するので染料だけが残り、捨てずに回収する、ことができるので、環境に影響を与えません。
 
 
 
超臨界で高効率、高容量のアルカリ電池用の正極が作れる
アルカリ蓄電池の正極は、金属多孔質基板表面に水酸化ニッケルを施したものが用いられます。43℃以上の条件下で、超臨界状態の塩化ニッケルのエタノール溶液に金属多孔質基板を含浸すると、基板の微細孔に塩化ニッケルが効率良<浸透します。ついで374℃の条件下で、超臨界水処理を行うと、塩化ニッケルが加水分解されて細孔表面に水酸化リチウムを高密度で析出させることができます。
 
 
 
 
 
 

超臨界による受託試験に関するお問い合わせ先:
株式会社超臨界技術研究所 〒733-0002 広島市西区楠木町3-13-17 TEL:082-537-1633 FAX:082-537-1632
E-Mailでのお問い合わせは:info@chorinkai.co.jp
Copyright (C) 2005 Supercritical technology research Co.Ltd.. All Rights Reserved.