超臨界研究所TOP>研究内容と実績
 
  超臨界とは
  超臨界抽出
  超臨界分解
  まるごとエキス
  FAXによる試験依頼書
  研究実績
  研究開発陣
  会社概要
  アクセスマップ
  超臨界による受託試験
  受託実験価格表
     
  抽出試験などのご相談
     
  ご相談フォーム
  FAXによるご相談
     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
超臨界で石炭などを細かく粉砕
耐圧構造のポールミルに、粉砕したい石炭やケイ石、ボールおよびアセトンなどの溶剤を入れ、これに二酸化炭素を圧入し、粉砕を開始します。粉砕の進行にともなってミル内の温度が上昇し超臨界状態になり、その結果流体の粘性が極めて低下するので、より細かく粉砕することが可能となります。
 
 
 
超臨界で微粒の粉体塗料を効率良く作る
アクリルクリアー粉体塗料、ポリエステルエナメル粉体塗料などを作るのに、これら塗料を溶解しないエタノール、アセトンなどの極性溶斉剤とともに超臨界相の二酸化炭素に溶解します。その後減圧して急速に膨潤させると、これらの塗料が微細粒子になり粉体塗料として回収されます。
 
 
 
活性成分分散液の製造方法
β力ロチンのような活性成分を水溶液中に分散することは、従来の分散技術では不可能でしたが、超臨界技術を用いれば極めて簡単に効率良<分散液を得ることができます。活性成分としてのβカロチンを、45℃,25MPa,O.8kg/h程度の亜酸化窒素(笑気)などに殆ど完全に溶解し、次にこの溶液をゼラチン水溶液に導き減圧すると、1μ未満の微細な分散液が得られます。活性成分としてはこのほかに染料、ビタミン、ポリマー、リボゾーム、薬剤、タンパク質などが可能です。
 
 
 
 

超臨界による受託試験に関するお問い合わせ先:
株式会社超臨界技術研究所 〒733-0002 広島市西区楠木町3-13-17 TEL:082-537-1633 FAX:082-537-1632
E-Mailでのお問い合わせは:info@chorinkai.co.jp
Copyright (C) 2005 Supercritical technology research Co.Ltd.. All Rights Reserved.