超臨界研究所TOP>研究事例>分別
 
  超臨界とは
  超臨界抽出
  超臨界分解
  まるごとエキス
  FAXによる試験依頼書
  研究実績
  研究開発陣
  会社概要
  アクセスマップ
  超臨界による受託試験
  受託実験価格表
     
  抽出試験などのご相談
     
  ご相談フォーム
  FAXによるご相談
     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
PETとPVCの混合物を分離する
PET(ポリエチレンテレフタレート)とPVC(ポリ塩化ビニル)は、比重がほぼ同じて水浮選のような方法で分離できず、また溶剤を使う方法もその残液の処理など困難な問題を伴うので、これらの混ざったプラスチック廃棄物からの分離は容易ではありません。PETとPVCの混ざったものを約60〜1OO℃、約16〜20Paの超臨界二酸化炭素流体で処理するとPVCにだけ二酸化炭素が浸透します。続いて圧力を下げるとPVCだけが発砲して白色の不透明な状態に変化します。このようにして選択的に発泡させたPVCは、水に浮かせることで簡単に分別することができます。
 
 
 
乳精中の脂肪球皮膜物質からの塩類や各種成分の除去
チーズやカゼイン製造の副産物として得られるチーズホエー(乳精)の中にはタンパク質と脂質類の複合化合物、無機塩類を含んでいます。このチーズホエーに塩化カルシウムなどを加えて得られる凝固物を、45〜55℃、30〜40MPaのエントレーナ(共溶媒)を含む超臨界二酸化炭素で50〜80分抽出する、コレステロール、脂肪酸トリグリセライド、リン脂質などの物質が抽出できます。
 
 
 
漢方生薬からのバイカリン、バイカレインの分別、精製
漢方生薬に含まれる生理活性物質が医薬品原料として注目されていますが、これらの物質は物理化学的性質が極めて類似しているため、分離、精製が容易でなく、工業的規模の技術開発が望まれています。オウゴンからアルコールで抽出され、抗アレルギー剤として用いられ、HlVにも効果があるといわれるバイカリン、バイカレイン混合溶液を、超臨界装置を使ってエントレーナ(共溶媒)としてのエタノールを含む超臨界二酸化炭素流体で処理すると効率良く分離、精製ができます。
 
 
 
使用済放射燃料溶解溶液などから硝酸を抽出
原子カ発電炉の使用済核燃料を溶解した硝酸溶液などを60〜80℃・10〜20MPaの条件下にある超臨界二酸化炭素流体で連続的に抽出すると、30分でほぼ完全に放射性物質を抽出し、5時間でほぼ完全に硝酸を抽出することができます。」このように超臨界を用いると効率良く危険な放射性廃棄物の処理を行うことが出来ます。
 
 
 
化粧品などの成分を効率よく分析する
例えは化粧品のような・高級脂肪族系の炭化水素、高級粗脂肪アルコール、高級脂肪族エステル・丘級脂肪酸・高級脂肪族系非イオン性界面活性剤などの混合物を、超臨界を使うことで効率よく分析することができます。シリカゲルを充填し聾臨界二酸化炭素を流通させた分離カラムに、分析対象の化粧品を供給して吸着させた後に、いろいろな有機溶剤を水に溶けにくい方から順番に流すことによって、それぞれ異なる成分を分別することができます。従来のカラムクロマトグラフによる分析に比べて、多量の溶剤がいらない、短時間で済むなどの優れた特徴があります。
 
 
 
電子写真感光体顔料の精製
電子写真感光層に用いられる有機感光性顔料は、一般的には殆どの有機溶剤に不溶性です。そのため再結晶法や再沈殿法等の精製が出来ません。しかし超臨界技術を用いると、短時間で効率良く精製が出来、不要な成分を除去することが出来ます。例えば、スーダンレッド、銅フタロシアニン等の感光性顔料を、31.1℃以上、7.3MPa以上の超臨界二酸化炭素等がで処理・精製した顔料は従来の精製法の感光性顔料以上の電子写真特性を持つことが知られています。
 
 

超臨界による受託試験に関するお問い合わせ先:
株式会社超臨界技術研究所 〒733-0002 広島市西区楠木町3-13-17 TEL:082-537-1633 FAX:082-537-1632
E-Mailでのお問い合わせは:info@chorinkai.co.jp
Copyright (C) 2005 Supercritical technology research Co.Ltd.. All Rights Reserved.